内服薬と外用薬

AGA治療には、おもに内服薬と外用薬に分かれています。髪の毛の治療なのに内服薬なんて大丈夫なのかな、と思われる患者さんもいます。たしかにホルモンに影響を与える薬ですし、しかも自分ではなく、家族が誤って飲むと副作用がでることがあり、管理をしっかりすべきという注意点はあるものの、おおむね成人男性に多くの副作用は報告されてはいません。

ただし、外用薬はその常として、最初に慣れるまでにかゆみを生じたり、頭皮のむずむず感などの副作用があるといいますが、とくに赤く腫れ上がったりすることがなければ問題はないでしょう。こちらの外用薬はあまり処方されることは多くはなく、かなり薄毛が進んでいる人でないと、育毛シャンプーなどをすすめられたり、頭皮の抗炎症剤を処方されることなどもあります。

それこそ、個人にあった処方をしてくれるので、安心して病院のスタッフにおまかせするといいでしょう。重度の薄毛や進行した抜け毛なら植毛までの相談にのってくれるクリニックもあります。

育毛メソセラピーなど針を使った治療や、それぞれのクリニックが独自におこなっている治療法がありますのでそれぞれのクリニックの治療の特徴を抑えて自分に合いそうな治療法をみつけていきましょう。

Copyright© 2010 AGAの治療は長期で取り組もう All Rights Reserved.