色々な治療法を模索する病院治療

病院で選ぶAGA治療は、やはりその費用と治療方針が気になります。多数の患者、症例がある病院、クリニックなら、年齢やその薄毛の状態にかかわらず、経験豊富な医師や専門家が相談にのってくれるでしょう。

長期に渡る治療になるのなら、月の治療費を長期的に確保する必要があります。一般に製薬会社に紹介されている薬剤は、高めになりますので、その点は専門クリニックも考慮して、個人輸入で手に入れた外国製の薬剤やサプリメントを用意しているところもあるかもしれません。ただし、医師としては処方薬のプロペシア、もしくはリアップなどしか処方できません。あとの薬は日本では認可していないので、処方することはできないからです。

そう考えると、かなり治療薬の選択肢が限られてしまいますが、AGA専門治療院では、それだけの治療にとどまらず、個人の髪の状態に合わせて抗炎症剤、ビタミン剤、サプリメント、薬用シャンプーなど、脱毛の原因に合わせた処方をしてくれるので、より安心で、ケースバイケースの治療をしてくれます。

怪しげな個人輸入のサプリメントや薬剤に頼るよりも副作用がでてもその後のフォローアップをしっかりしてくれる、このようなAGA専門のクリニック、病院を探したほうがより確実に治療をすすめられます。

Copyright© 2010 AGAの治療は長期で取り組もう All Rights Reserved.